« 本当につらかったのは | トップページ | 草津・志賀高原遠征 »

2010年10月 9日 (土)

つくば遠征 その1~行きはよいよい

10月6日。
お天気に恵まれまして、つくばへの自転車移動決行日。
予定としては、10時発、休憩とりつつ18時ごろつくば着。
そんな適当な予定を立てて臨んだ6日でしたが、いきなりその予定を狂わされることになるのです。

というのも、前々日。
4日のマックの夜勤の際にどうにも鼻の調子が悪く、また熱っぽい。
身体からアラートを受けまして、5日は寝て過ごす。
本来は5日に自転車の点検をしてもらい、ついでにサイクルメーターを取り付ける予定だったのですが。。。
起きたら夜で断念。身体こそ戻りましたが、とりあえず予定の前提が崩れる始末。

なので、10時開店の自転車屋さんに寄り、点検・取り付けをしてもらって11時ちょっと前。
ここからいざ、スタートです。

12時に4号草加市内を北上している予定だったのですが、すでに1時間押し。
仕方がないと諦めて、13時に予定変更。
約100km。
全体で1時間ほど休憩を取るとして、6時間あればいけるかな?と到着予定は変えず。

スタンドに寄ってコロッケ食べて、ついでにスケジュール確認したら、本格的にスタート!

目白通りを新宿方面に向かい、千川通りと交差したところで左折。
すぐさま環七に入ってひたすら4号まで直進。
途中、東京V戦でやってきた西が丘競技場付近を通過。
メーター見ると13km弱。
うちから自転車屋さんまでが3kmくらいだから、あの日は16kmちょっとを1時間で移動してたのね。
なかなかいいペースだったんだな(帰りは1時間以上かかったけどw

目白、千川を走っているときは気にしなかったのですが、どうも環七は陸橋が多く、場所によってはスロープを押して歩かねばならんところも多々。
西新井の陸橋は、押すのがいやで迂回をしてやろうとしたのですが、これが大失敗。
かなり大回りになってしまい、西新井の駅前を通ったのに、迂回したら梅島の駅前にいたりとか。。。
なんとか本線に戻るまで、10分ほどうろうろしてました。
急がば回れ、といいますが、まさか回って失敗するとはね。

西新井と言えば中高大と同級生だった友人が住んでる場所ですが、あいにく平日はお仕事なので、素通り。
いや平日に遊んでるボクがおかしいんだけど

ということですぐさま4号に到達し、次は北上。

20101006123129

日光街道です。
しばし4号を走り、外環を越えて七左町の交差点から県道161号が目標。
県道に入れば、いつもの車のルートと同じです。迷うこともない。

ところが。

県道に右折して入るんだからと右側の歩道を走っていたら、突然4号が左に大きくカーブする。
そのまままっすぐ進むと、県道49号に入り、埼玉県入り。
んーと、どこで4号に戻ろうか。。。
そういえばここはそんな風になっていた気もする。
久しく走っていなかったので忘れてました。
というか1回しか走ったことなかったか。それも上りだったし。

しばし県49号を北上しつつ、見覚えのある数字だと気付く。
そして隣を平行に走る線路。
これ。東武鉄道?ってことは、越谷まで行くわけだ。
そうだ。
車で走る県道161から入るルート、越谷駅から先が確か49だったはずだ。

なんという怪我の功名。
あいにく草加はせんべいの町だったので休憩どころがなかなか見つからず、水分補給だけして越谷駅付近を通過。
見慣れた光景になり、県道19号に入り、野田橋を目指す。

しかし。
休憩の取りどころがない。
たしかサイゼリアがあったはず、と19号を東進するも見当たらず、突き当たって北上。
あれ?もしかして気のせい?( ̄▽ ̄|||
このまま松伏に入ったら何もなかった気がする。。。
さっきのすき屋にはいっておくべきだった!と思った頃には松伏。
。。。野田橋越えたら曲がってすぐにショッピングセンター的な何かがあったはずだ。
これも記憶違いなら、諦めてコンビニに入ろう、と決めて自転車をこぐのでした。

。。。

そして運命の野田橋。
越えて千葉県野田市に入る。
すぐさまT字を左折、県道3号に入ります。
ぐるーっとカーブして左手。見えた。ショッピングセンター的な何か(注:ショッピングセンターです
手前にはフライングガーデンがある。肉だ肉!
だいぶ足に疲れもきてるし、肉食ってたんぱく質を取るのもいいかもしれない。

ということでまずはショッピングセンターに入り、休憩スペースがあるか確認。
スペースを発見し、MAXコーヒーを購入。
続いて99円均一だったパン屋で3つ購入。
そのまま席について、本日初のまともな休憩を取る。

今のボクに必要なのは、消化に時間とエネルギーのかかる肉ではなくて、エネルギー源となる炭水化物なのだよ

20101006141932

ということでお昼ご飯。
甘いのと甘いのと甘いの。身体に染み渡ります。
肉成分もちょっとほしかったのでソーセージパン。これで十分。
間違ってフライングガーデンに入ったらご飯おかわりしまくって動けなくなっちゃう(爆

結局ここで1時間弱休憩。
再び自転車にまたがり、一路目指すはつくば。
スタートこそ5速で走っていたものの、4号あたりから4速、そして越谷あたりからは3速。
楽なんだけど、何度もこがないと進まないのがもどかしい。
立ち漕ぎだと空回りするから走りづらい。

いっそのことギアあげて立ち漕ぎしたらバランス取れるしいっぱい進んでいいんじゃね?
と安直な思考からギアを7速に入れるw
そして立ち漕ぎ開始!

*20回漕いだら限界キター(爆
  惰性で走る。
 スピード落ちる。
 改めて立ち漕ぎ開始!

*繰り返し

。。。おかげさまであっという間に芽吹大橋に到着。
しかし、ボクの太ももはすでに臨界点を突破して発熱中。
運悪く左側は歩道が消えてしまい、歩道のある右側に移るタイミングも逃し、芽吹大橋をわたる直前で足止め。

F1000015

相棒をとめて一休み

このあとタイミングを計って逆サイドに展開。
芽吹大橋を渡り切り、矢作の交差点を右折。
あとはひたすらこの県道3号を走れば、つくばの市庁舎の裏手に出るのです。
一部危険なところもあるけれど。。。

ということで、激しいアップダウンを繰り返し1時間。
ようやくつくば市に突入!
しかし、そこから大学まではさらに1時間。
アップダウンの激しい(上に歩道がないけど信号もほとんどない)裏道を使うのは諦め、国道354から国道418、学園線、西大通りとつないで大学入り口に到着。

F1000016

旅の相棒がふんぞり返って記念写真。
この松見口から入ってしばしゆくと、右手に1年間お世話になった学生寮が見えてきます。
左手は大学病院とか医学専門学群棟とか。
もう少し先の球場口から大学敷地内に侵入。
野球場で動く硬式野球部を眺めてからお宿となる友人宅へ。

まだ帰ってきてなかったので、先にカワチ薬局へ行ってプロテイン、シェイカー、低脂肪乳を購入して、お宿へ帰還。
友人と合流し、不味いプロテインを飲み、荷物置いてご飯を食べに行ったのでした。

。。。

ということで、いつ以来かのRanRan。
割と有名と言うか、かなり有名と言うか。
ちなみにボクは、コイツの目の前のアパートを借りて3年ほど過ごしました(笑
おかげでアパートの自転車置き場に大量の自転車置かれたり、ひどいときは借りてる駐車場を占拠されたこともありましたねぇ。。。
出られないように車を後ろにピッタリとつけて2時間半ほど放置してやりましたが。

筑波大生なら1度は利用するでしょう。
体育会系なら、かなりの頻度利用するでしょう。
おすすめはビック丼の大盛りです。ボクは食べたことないし、食べ切れるとも思わない(爆

入り口入ってすぐ右手に新しいメニューがはりつけてありました。
写真までついてめっちゃ丁寧になってるw
すぐ左手に券売機。買ったら学生バイト君に渡して、席につく。

筑波大周辺に来られた際は是非ご利用ください。
但し、土日祝日は休業です。おっちゃん頑張れ!

今回は、というか学生時代も大半がコレだったのですが、肉豆腐丼。
肉野菜丼と迷いましたが、たんぱく質を取るべく豆腐に決定。
並を食べきる自信がないので、小盛りにしました。がそれでもラーメンどんぶりより大きいwww
筑波大を卒業してJリーガーになった選手たちも、よく通ったことでしょう。
コストパフォーマンスいいもんね。
FC岐阜にも野本選手、田中選手、永芳選手、西川選手と筑波大卒の選手がおりますが、蹴球部の練習が終わった後に通ったんじゃないでしょうか。
憧れの選手たちの通った食堂で、食べるご飯。格別です!(但し本当に通ってたかどうかは知りませんw

。。。今気付いたんですが、皆さんボクの後輩に当たるわけですね(爆
まったく知りませんでしたし、見覚えもありません。ごめんなさい。
当然です。ボクは準硬式野球部でしたから(キリッ
単位落として下の学年と一緒に授業受けたこともありませんから(キリッキリッ

あ、平山君は見たことあります。
学内でも有名人だった上に人ごみの中でも頭1コ出てたのですぐ分かりましたよ(笑
気がついたらオランダに行ってしまいましたが。

。。。

ということで、小盛りでお腹いっぱい夢いっぱい。
お宿に戻り、寝る体勢を整える。
ボクはボクで移動の疲れが。
宿主は宿主で日々の疲れが。

あっと言う間に睡魔に襲われ、初日は泥のように眠って終了したのでした

                        To be continued

|

« 本当につらかったのは | トップページ | 草津・志賀高原遠征 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つくば遠征 その1~行きはよいよい:

« 本当につらかったのは | トップページ | 草津・志賀高原遠征 »